取扱製品リスト
MK400
LEO-1
指紋錠の取付条件
FAQ
注文フォーム
送料・お支払方法
サムターン回し
ピッキング
かぎのかけ忘れ
カードキーの恐怖
会社概要
オールファインとは
個人情報取扱いについて
お問い合わせ

親指thumbターン turn回しとよばれる、室内側の施錠器具を外側から回す不正開錠方法です。

【サムターン回しの手口と対策】
自宅の玄関ドアは、ドアの外側から施錠する場合はカギを使いますが、内側から施錠・開錠するときには、鍵ではなく、内側の器具を回します。これがサムターンと呼ばれているものです。難しく考えず、普通に内側についている鍵の器具のことです。

このサムターンを回せば、施錠・開錠できるわけです。本来は室内側から回すものですが、これを外側から回す不正な開錠方法を、サムターン回しといいます。つまり、合鍵を使わずに、またピッキングを行わずにドアの外側からサムターンを回して鍵を開ける方法です。

サムターン回しは、ドアに穴を開けたり、または室内側とつながっているドアの隙間から特殊な棒や、ドロボウ自身の手を入れることで行います。鍵穴に特殊工具を差し込んで開錠するピッキングに比べると、荒っぽい技術、工具でもできるため、ドロボウ見習いがやる手口でもあります。

サムターンを回すための棒を差し込むところも、様々な場所があります。玄関のドア付近についている郵便受け、ドアスコープ(意外と簡単に取り外せます。ねじのようになっている場合がほとんどです)ドアの隙間、ドアのガラス部分などです。とにかく、工具を入れられたり、また簡単に穴が開くところはすべて要注意といってもいいでしょう。

サムターンを回されにくくするため、ペットボトルなどのキャップをサムターンに付けたりなど、簡単な対処方法はありますが、その程度のものならば簡単に破壊されたり、また熱で焼ききられたりします。

ドアの素材が穴が開けにくいものであるか、また隙間がないか、必ず家のドアを点検しておいてください。

ピッキングは被害を受けた形跡がほとんど残らないという点から、ピッキング対策をした鍵が多く出回ったこともあり、最近ではかなり下火になっています。そのため今度はサムターン回しの手口が増えてきました。

【形跡が残らないサムターン回し】

サムターン回しは形跡が残るものと考えられていたのですが、先日埼玉県内で警視庁に住居侵入の容疑で逮捕された中国人を含む窃盗グループが行っていた手口は、ドアの微妙な隙間から工具を入れて、サムターンを回すというものでした。これは形跡が残らず、盗られたことすら気付かない恐れもあります。すなわち、通報が遅れ、つかまる可能性が低くなるということです。

今までの、ドアに穴を開ける荒っぽい手段という認識は通用せず、形跡の残らないサムターン回しが行われるようになってきました。

ドアに針金が通る隙間さえあれば、そこに何ヶ所か曲げてある針金を入れて、あとはサムターンを回すだけなのです。

ご自宅のドアに、針金がとおる隙間はありませんか?ドアスコープは簡単に外れるようになっていませんか?

もし隙間があったり、室内と室外をつなぐ穴を作れる要素があれば、ドロボウはそこを必ず利用します。隙間を埋めたり、警報機をつけたり、さまざまな対策はありますが、1番確実なのは今取り付けてあるカギをサムターン回し対策のカギに変えることです。あなたのドアは、サムターン回し、ピッキングに耐えうるドアですか?